~ちょっとビターな恋愛レシピ~

恋愛はエゴとエゴのシーソーゲーム


1.人の話をちゃんと聞いていない


自分に向かって誰かが何かを話しているときに、他の事を考えて上の空で聞いていたり、自分が次に話す内容ばかりを考えていると、相手が話したことが記憶に残らず”会話”になりません。
こういうタイプの女性は、過去に話したことを忘れてしまうので信用されにくく、また浮ついた印象を与えるので、恋人とはちゃんと向き合って付き合いたいと思っている男性からは相手にされません。


2.「わたし」で話始めることが多い

すぐに『私は』や『私ね』と、相手が話している最中でもかまわず何でも”自分の話”にすり替えてしまうタイプの女性。
こういう”話したがりな自己中女”は、自分が楽しむことに重点を置いているため、男性は話をしていても面白くないのです。


3. 家事ができない

家事ができない女性は嫌がられる傾向にあります。特に結婚を意識したお付き合いとなると余計です。データでは美人で家事ができない人よりも、多少見劣りする容姿でも家事ができる女性のほうが人気があります。



4. バカになれない女性


「社会人になって、合コンや、キャバクラの店内でいきなり男女が出会って、なにで意気投合するか? といえば、多いのは『笑い』ではないでしょうか。笑いをとることで、まったく見ず知らずの男女が打ち解けるわけです。バカになりきれない女性は、ちょっとばかり損だと思います」
笑いって「とっておくといい」ものですから、バカなふりをして1発「かましておくと」なにかといいのではないでしょうか。


5. ネガティブな女性

「定番かもしれませんが、ネガティブな女性ってモテないですよね。どうせ男は……というかんじで、ハスに構えているとか、どうせ私は……というかんじでチャレンジしない女性のことです」
海外の研究結果に「男性は生殖本能が高そうな女性に惹かれる」というものがあります。ふくよかで明るくて活発な女性がモテるということです。定番ネタかもしれませんが、非常に重要なことですよね。



6. 理想が高すぎる



理想の高さゆえに、周囲の男性に魅力を感じないパターン。
理想とする男性を追い求める人生は決して悪いものではありません。
しかし、男性との出会いがないと嘆いているなら、恋人に求める条件を現実的なラインへ落とし込んだ方が賢明かも?


7. 男性を下に見る発言

ウジウジするのは良くないけれど、かといって過度に自信を持ちすぎるのも禁物。
「えー!そんなこともできないの?」と言って男性のことを笑ってしまうような発言は控えたほうが良いでしょう。



8. そこにいない人の悪口を言う


飲み会など、人の集まる場所では誰かの悪口を少し話題に上げると必然的に盛り上がるということもあって、ついつい出してしまう話題ではありますよね。
でも、それは必ずその場にいる人を冗談っぽくいじるだけにとどめておくべき。
その場にいない人の悪口、俗にいう陰口ですが、陰口を積極的に叩く女性は「俺がいない場所ではたぶん俺の悪口も言ってるんだろうな…」と思われてしまっても文句は言えません。



9.感謝しない

男性に奢られて当然とか、してもらって当たり前…いくら顔が良くても性格ブスは基本ダメ
感謝してる人って明るい言葉や他人に与える良い気を持ってるもの
そんな、感謝を持ってる人にイイ人は集まるもので、縁が集まり、良縁が生まれるもの…
上手くいく人は感謝の心を持っていますね
 




美人も好きだけど、なにより“笑顔の多い人”に惹かれる――。
様々な恋愛のアンケートで、そんな意見をたくさん目にします。
ということは、出会いの場においては、ともあれ「笑顔が多い人」のほうが、有利なはず。
心から楽しんで、自然と笑顔になれるのがベストですが、そうはいえども、退屈なときもあるし、
ずっと笑顔でいるのも難しいもの。明らかにバレるような愛想笑いでは逆効果だし……。
ということで本日は、「自然な笑顔」が上手になるコツについてのお話です。


まずは「自分の表情」への意識を
普段、「自分がどんな表情をして、人と話しているか」ということに意識が向いていない人は、
意外と多いもの。ある友人は、ある飲み会の最中、ガラス張りの壁に自分の顔が映ったとき、
かなりムスっとした表情をしていて驚いたそうです。

「意外と自分でもノーマークなんだね、気を付けなくちゃ……」と語っていましたが、
表情は、意識を向けるだけでかなり違ってきます。
「自分は写真うつりが悪い」という人も、顔の造作などはさておき、
全体的に、ぎこちない笑顔だったり、表情が暗かったり……というのが原因の方も少なくないように思います。

そもそも、笑顔は、目の前の相手に「好意や関心を抱いていること」を伝えられる、
効果的な無言のメッセージです。あまり話す時間がないというタイミングでも、笑顔を意識して接していると、
名前は忘れられていても、“なんとなくの好印象”を残せていることもあります。

もちろん、アイドルではないので24時間笑顔は不可能なので、
一人作業中や在宅時などはどんな顔をしていても問題ありませんが、
人と会って話しているときくらいは、
時々、「自分が今どんな表情をしているか」に意識を向けてみる。
あ、良くない表情(ぼんやり、退屈、不機嫌そうなど)をしているな、
と気づいたら、なるべく笑顔を増やすようにすると、恋愛のチャンスも増えてくるかも(!?) しれません。

 

貞淑であるべし

※貞淑とは、女性の操がかたく、しとやかなこと。また、そのさま

自分の彼女や妻が、貞淑感たっぷりであれば、男性は浮気の心配をすることなく仕事に打ち込むことができます。逆に、頻繁に男友達と連絡を取り合ったり、遊び歩いたりしているようでは、男性は仕事どころか、浮気の心配と阻止に多大なエネルギーを使わなければなりません。

そのような行為は、男性同士を競い合わせる効果があるので、彼にかまってもらえる時間が増えたり、プレゼントなどの値段が上がったりするというメリットは確かにあります。

しかしそのような、女性に時間を費やしてばかりの男性が出世するハズもなく、夫婦共々負け組路線をいくことは目に見えています。


精神的に自立しているべし

情緒不安定、つまり精神的に自立していない女性と一緒にいると、男性は自分のビジネスに集中することができません。
仕事中や外出中に頻繁に連絡を求められたりすると、男性はだんだん冷めてきてしまいます。 「浮気心配症の女性と結婚した男性は成功できない」と昔から相場は決まっているのです。



恋のかけひきをしないべし


時間の無駄だから、かけひきをしません。
さげまんは、「好かれたがり」なので、かけひきに終始してしまいます。
「人から、どう思われているか」を気にせず、
自分が、やりたいことをやれば、かけひきの必要性はありません。

※思い当たる節はありませんか?
デキル男だと駆け引き自体好ましく思わない人もいます。素直な気持ちでぶつかったほうが上手くいく時が多いと感じますね。


どんな時でも応援するべし


とある裕福な会社の2代目の話。

そのまま行けば重役になって、社長になることも確定路線だったんだけど、どうしても自分で飲食の仕事をやってみたかった、と。でも親の会社とは全く畑が違うし、別事業としてその会社でやることも親は許さない。小さな子供もいるし、やめるにも度胸がいる。

それを聞いた奥さんが言ったそうなんですね。

「やりたいんでしょ?やったら?ダメでもあんた1人くらい私が養ってあげるわよ。」

これは、なかなか言えませんねえ。そのまま行けば裕福な社長婦人として、平穏に生きていける可能性がメチャクチャ高いのに、それを全部捨てて、男の夢にかけ、ダメならダメで「私が面倒を見る。」ってことはなかなか言えません。

その人は大成功したそうですが、そこまで極端な話でなくても、「あんたが働かなかったら私達の生活はどうなるのよ。」とか、「家族がいるんだからワガママ言わないでよ。」くらいなら、よくある話じゃないでしょうか。

 責任感はもちろん大事です。妻に対して、子供に対して、家族に対しての責任の全うは。

でも、男が持つ責任感は、プラスに作用することも多いですが、当然、マイナスに作用することもあるわけで、そうすると、自分がやりたいこと、自分がしたいことを抑圧してしまうことにもなる。



 男に依存した「あげまん」ってのはいないんでしょう。自立した女が「あげまん」になり得る。
で、承認し、応援すること。
 男の今がグダグダなら、その人の輝かしい未来を徹底的に信頼した上で、今に駄目だしすること。
 男に対する女の「あげまん資質」に関して考えましたが、これ、誰でも使える方法論ですよね。
まず、自分が自立する。精神的にも経済的にも。



笑顔に勝る化粧なし


笑顔は人を幸せにすると言いますが、その言葉通り、アゲマン女子はいつも笑顔を絶やしません。
一緒にいる人まで笑顔にしてしまう…彼女達の笑顔はそんな魅力を持っています。

「歳を取ったら顔は自分の責任」という言葉があるように、自分の表情は自分で作り出すものであり、それが「他人からみた自分」であり、やがては作ったものではない、自然な自分の表情として定着してゆきます。

いつも笑顔でいるというのは簡単なようで意外と難しいもの。それができる女性というのは、精神的にたくましい女性でもあります。


一人何役を演じるべし

「恋人、妻、妹、同志、友人、娼婦」を臨機応変に自然体で演ずる事が出来る。
さりげなく演じながら男性に甘える事もし、尚かつ甘えさせてあげる深い包容力を持ち、気がついたら相手を育てている


大抵の女性は、「我」を中心に物事を考え進めますが
イイ女は臨機応変に相手を導くために何役も演じます



傍にいる人を幸せにできる人が本当のいい女


本当の意味でのいい女とは周りの人を幸せにしてる女性じゃないでしょうか?
笑顔で傍にいるだけで元気になれたり癒されたり

世の中の法則で与えたものが返ってきます
鏡の法則とか言い方は色々ありますが、
惜しみなく笑顔や優しさや元気を相手に与えると巡り巡り自分に返ってきますよ

よく、最近旦那や彼氏が冷たくなったとか聞きますが
まずは自分が愛情を与えていますか?
愛される女性は皆知ってます。愛されるよりも愛を与えることを
そして与えた愛が巡り巡り倍で返ってくることを

最近、「愛していますよ」と伝えていますか?
言葉には言霊って力が宿ってます、
優しい言葉を発するその唇は何とも魅力を発してます。
相手の良いところを探すその瞳は吸い込まれそうな綺麗さがありますよ
何よりも人相も変わってきます

最近、「愛していますよ」と伝えていますか?

↑このページのトップヘ